N-NOSE(エヌノーズ)で夫が陽性になった話 :前編

今から2年前、線虫でがん検診ができる「N-NOSE(エヌノーズ)」で陽性の結果が出て、その後乳がんが発覚してしまった私。

以来、年に1度、夫とともにこの線虫検査N-NOSEをやるようにしているんです。

■N-NOSE
尿一滴で、自宅で簡単に受けられるがん検査。 嗅覚に優れた生物 ” 線虫 ” が尿に含まれるがんの匂いを検知。 全身網羅的にがんリスクを判定します。

線虫がん検査N-NOSE

今年は夫にまさかの陽性反応

去年私が乳がんの摘出をし、半年後。

「今年もそろそろN-NOSEエヌノーズやっとこうかー?…って言っても、私は半年ごとに検診があるから、あんまり意味ないかもしれないけど」くらいの軽い気持ちで受診。

どうでもいいけど、N-NOSEエヌノーズの検査って、年を追うごとに簡単にできるようになっていて

私が始めたころは、検査機関が関東には2カ所くらいしか無く、尿を取ってから4時間以内に提出に行かないといけなかったため、+2,000円出して検査機関の人に取りにきてもらったりしていたんだけど、今年は提携薬局に提出するだけでOKと、かなり便利になっていた。
(全国に結構な数があり、調べたら隣町にあった)

そして検査キットも年々しっかりした見た目になっていく😅

(まぁ1回14,800円と結構するので、当たり前かもしれないけど…)

と、そんなこんなで尿を提出。
3週間ほどして、結果のメールが届いた。

ちなみに去年がんを摘出した私の結果は、安心の低リスク判定

良かった良かった、と安心したのも束の間、夫の結果を見ると…

え…??リスク判定E…??

嘘でしょ?
去年がんがあった状態で検査した私の結果だって「D」だった。(当時の結果↓)

なのに、Eってもう「癌です」って言われてるようなもんじゃ……😨

こうなったら徹底的に調べる

このN-NOSE。CMでやっている通り「尿一滴で癌検査ができる」という手軽さはいいのだけど、厄介なのは陽性(高リスク)となったとき

「癌があるリスクがある」としか教えてもらえず、身体のどこに癌があるのかがまったくわからないもんだから、全身を調べる検査「PET-CT」や「MRI検査(ドゥイブス)」を使って、くまなく検査をしないといけなくなる。(偽陽性の場合もある)

■PET-CT検査
がん細胞が正常の細胞に比べて多くのブドウ糖を取り込むという性質を利用して、放射線薬剤FDG(ブドウ糖類似PET検査薬)を体内に投与し、特殊なカメラで撮影をする検査。
臓器のかたちを画像化する検査(X線CT)とPET検査を組み合わせたPET-CT検査により、部位や形態を特定することができます。

日本赤十字社医療センター

■DWIBS
(Diffusion-weighted Whole body Imaging with Background body signal)
2004年に東海大学の高原先生らが考案した日本発祥の撮影方法。エックス線を使用せずに被ばくゼロで頚部から骨盤までの、全身撮影を行えるがん健診スクリーニングを可能とした撮影方法。

神戸循環器クリニック

もちろん高リスクという結果が出ても、「毎年健康診断をしているから、大丈夫!」という判断でもいいと思う。

ただ、自分のとき初期で癌が見つけることができたおかげで、だいぶ体への負担が少なかったことを考えると、夫の体にあのにっくき癌がいるならば、できる限り早い段階で見つけたい

ということで、自身が受けたPET-CT検査にプラスして、MRIやエコーなどありとあらゆる検査を追加。(自分のとき乳がんがあまりに小さかったため、PET-CTでは見逃されてしまったことも加味して、オプションを追加しまくってしまった😖)↓

上記に腫瘍マーカー検査などを足していった結果、費用は全部で235,000円😱
あぁ、自由診療って恐ろしい。

保険適用での検査ならこんなに高くならないのに…と思いつつ、ここは背に腹は変えられない!!と検査に行ってもらった。

新横浜のクリニックで5時間強の検査

ということで、ここからは私ではなく夫から聞いた話をもとに、書いていこうと思うんだけど…。

今回行ってもらったのは新横浜の「ゆうあいクリニック」というところ。
家から行きやすく、かつ徹底的にがん検診ができるところということで選択。

病院の外見は椰子の木なんかが生えていて、ちょっと南国風。
中は普通の病院よりも、ちょっとキレイ度がアップした高級クリニックという感じ。

病院に着くと数人の患者さんがいて、更衣室で検査着に着替える。

その後、検査着とともにカルテの入ったファイルと水を渡されるので、それを持って片っ端から検査を受けていく。

内容としては一般的な健康診断と変わらないけど、常にコンシェルジュ的な方が横についてくれて「次はこちらです」と案内してくれるんだとか。

さすが高級クリニック…!

ということで全身くまなく検査を行い、いよいよPET検査。
放射線科の院長が、その場で診断結果を簡単に伝えてくれたそうなんだけど、ここでまた不安になるようなことを告げられる。

放射線科院長

上咽頭と大腸に薬剤が集まっている(癌の可能性があるところに集まる薬剤)ので、改めて精密検査をした方がいいかもしれません。
細かいことは、後日の検査結果と合わせて診た方がいいと思いますが、まずは耳鼻咽喉科と胃腸科の受診をお勧めします。

上咽頭…??
そんなところ、今まで調子が悪そうにしている様子なんてなかった。(本人も特に自覚症状なし)
大腸は、時折下痢気味だったりすることがあるから、ちょっと心配だなぁ…と思っていたけど、そこまで気にするほどのレベル感でもなかった。

ちなみに、ここまでの検査が約5時間強。
全身くまなくということで詰め込んだだけあって、本人曰くかなりの長丁場だったそう。

あ!そういえば、ちょっと驚いたのは、検査後にご飯が出たんだって。
すごい、高級クリニックでの検査ってご飯までついているのか…(偏見)

上咽頭と大腸に怪しいものが映る

検査結果が出るまで3週間かかるN-NOSEと違って、さすがきちんとしたクリニック。たった1週間で検査結果が届いた。
そして緊張しながら結果を見てみると…。

すると、やはり放射線科の院長が言っていた通り、可能性があるのは上咽頭と大腸

判定結果を見ると「所見としては問題ないものがほとんど」という少しホッとするコメントがついているものの、自分のときのこともあるので、心配が募る。

どうか…どうか、万が一癌であったとしても、早期発見できますように。。
そう思いながら、耳鼻咽頭科と大腸カメラの予約を入れ、検査日を待つ。

ということで、検査に行ってきたのはつい先日(12/23)なのですが、ちょっと長くなってきたので、続きはまた次回に。

それにしても、たった2年の間に2回も癌と向き合うことになるなんて、思ってもみなかったよ…😢

created by Rinker
株式会社メディック
¥16,500 (2024/06/24 11:55:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
紗巴美ネイリストライター
ネイリストとして勤務後、ライターとして16年の歴を持ち、ネイリスト目線での情報発信に努める。また、デザイナー歴20年。
JNECネイル検定1級、パラジェル、ベラフォーマジェル ディプロマ取得。
2022年9月に乳がんと宣告され、部分摘出。現在42歳。
■このサイトに関するお問合せ
当サイトはAmazonのアソシエイトとして適格販売により収入を得ております。